Using SL on Linux

最近明らかにだららんでなくテクニカルブログなまゆです。

;理系ジョシなので許してください><

えっと、ちょっとKVMを動かさねばなPCがあったので、ついでにLinux環境も調べてみますた。
スペックは以下の通り、ハイこれはFRONTIERのアウトレットモデルです。メモリを4GBに換装してあります。

FRONTIER FRNS5301/Q
インテル(R) Core(TM) 2 Duo プロセッサー P8600(2.40GHz / 3MB)
・Windows Vista(R) Home Premium 32bit版 with SP1 [正規版]
・2GB(2GB x1)メモリ DDR2-SODIMM PC5300 →4GB (2GB x2)
・160GB HDD / DVDスーパーマルチドライブ
・無線LAN機能標準搭載 IEEE802.11 a/b/g/n
・AMD ATI Mobility Radeon™ HD 3470 256MB

http://www.frontier-k.co.jp/direct/g/g78774/

LinuxはUbuntu 11.04 x64 (64bit)

インストールは全く変わりがありません。また、x64対応になってますので、そのままダウンロードサイトからダウンロードしてきます。ちなみにインストーラーでなく、tar+bz2形式の圧縮ファイルのなってますので、そのまま任意のディレクトリに展開すればいいです。あたしはちなみに、デフォルトで$HOME(ホームディレクトリ)配下のダウンロードという名前のフォルダから移動させず展開しました。特にどこにあるとかは問題ないようです。

Screenshot_uncompress

で、少し設定をいじる必要があります。まずは実行ファイルとなってる、secondlifeスクリプト。これは、展開したフォルダ直下にあります。ここからsecondlifeは実行するです。

Screenshot-SecondLife-i686-2.8.1.237758

内容はこんなん。ちょっと省略せずにのせますね。ある程度Linuxをわかっているという前提で書きますが、俗にいう一部井桁を外す必要があります。このスクリプトを読む限りでは、音声のドライバのアンコメントは必須、また必要に応じて、オプションOpenGLドライバに関するアンコメント、ATIドライバ上でのマウスバグに関するアンコメント、そしてログに関するアンコメントが必要なようです。ちょっと日本語でコメントをいれてみました。音声ドライバはデフォルトはOpenALのアンコメントですみますが、ALSAとかインストールした人は必要に応じてアンコメントするところが違うので気を付けて。

ちなみに、ビギナーな人は、ここだけアンコメント。

export LL_BAD_OPENAL_DRIVER=x

====

#!/bin/bash

## Here are some configuration options for Linux Client Testers.
## These options are for self-assisted troubleshooting during this beta
## testing phase; you should not usually need to touch them.

## 音声ドライバに関する記述、Defaultはdisable(使用ドライバによってenableにすること)、以下LL_BAD_FMOD_XXXのいずれかをアンコメント(必須)
## – Avoids using any OpenAL audio driver.
export LL_BAD_OPENAL_DRIVER=x
## – Avoids using any FMOD audio driver.
#export LL_BAD_FMOD_DRIVER=x

## – Avoids using the FMOD ESD audio driver.
#export LL_BAD_FMOD_ESD=x
## – Avoids using the FMOD OSS audio driver.
#export LL_BAD_FMOD_OSS=x
## – Avoids using the FMOD ALSA audio driver.
#export LL_BAD_FMOD_ALSA=x

## hardware上最も疑わしいのが明らかなoptional OpenGL extentionを回避する。
## – Avoids the optional OpenGL extensions which have proven most problematic
## on some hardware. Disabling this option may cause BETTER PERFORMANCE but
## may also cause CRASHES and hangs on some unstable combinations of drivers
## and hardware.
## NOTE: This is now disabled by default.
#export LL_GL_BASICEXT=x

## 全てのoptional OpenGL Extentionを回避する。
## – Avoids *all* optional OpenGL extensions. This is the safest and least-
## exciting option. Enable this if you experience stability issues, and
## report whether it helps in the Linux Client Testers forum.
#export LL_GL_NOEXT=x

## – For advanced troubleshooters, this lets you disable specific GL
## extensions, each of which is represented by a letter a-o. If you can
## narrow down a stability problem on your system to just one or two
## extensions then please post details of your hardware (and drivers) to
## the Linux Client Testers forum along with the minimal
## LL_GL_BLACKLIST which solves your problems.
#export LL_GL_BLACKLIST=abcdefghijklmno

## – Some ATI/Radeon users report random X server crashes when the mouse
## cursor changes shape. If you suspect that you are a victim of this
## driver bug, try enabling this option and report whether it helps:
#export LL_ATI_MOUSE_CURSOR_BUG=x

if [ “`uname -m`” = “x86_64″ ]; then
echo ’64-bit Linux detected.’
fi

## Everything below this line is just for advanced troubleshooters.
##——————————————————————-

## – For advanced debugging cases, you can run the viewer under the
## control of another program, such as strace, gdb, or valgrind. If
## you’re building your own viewer, bear in mind that the executable
## in the bin directory will be stripped: you should replace it with
## an unstripped binary before you run.
#export LL_WRAPPER=’gdb –args’
#export LL_WRAPPER=’valgrind –smc-check=all –error-limit=no –log-file=secondlife.vg –leak-check=full –suppressions=/usr/lib/valgrind/glibc-2.5.supp –suppressions=secondlife-i686.supp’

## – Avoids an often-buggy X feature that doesn’t really benefit us anyway.
export SDL_VIDEO_X11_DGAMOUSE=0

## – Works around a problem with misconfigured 64-bit systems not finding GL
export LIBGL_DRIVERS_PATH=”${LIBGL_DRIVERS_PATH}”:/usr/lib64/dri:/usr/lib32/dri:/usr/lib/dri

## – The ‘scim’ GTK IM module widely crashes the viewer. Avoid it.
if [ “$GTK_IM_MODULE” = “scim” ]; then
export GTK_IM_MODULE=xim
fi

## ATiのマウスカーソルによるクラッシュバグに関する自動ワークアラウンド
## 上のはレポートのみ?

## – Automatically work around the ATI mouse cursor crash bug:
## (this workaround is disabled as most fglrx users do not see the bug)
#if lsmod | grep fglrx &>/dev/null ; then
# export LL_ATI_MOUSE_CURSOR_BUG=x
#fi

## ここからは編集しないように
## Nothing worth editing below this line.
##——————————————————————-

SCRIPTSRC=`readlink -f “$0” || echo “$0″`
RUN_PATH=`dirname “${SCRIPTSRC}” || echo .`
echo “Running from ${RUN_PATH}”
cd “${RUN_PATH}”

# Re-register the secondlife:// protocol handler every launch, for now.
./etc/register_secondlifeprotocol.sh

# Re-register the application with the desktop system every launch, for now.
./etc/refresh_desktop_app_entry.sh

## Before we mess with LD_LIBRARY_PATH, save the old one to restore for
## subprocesses that care.
export SAVED_LD_LIBRARY_PATH=”${LD_LIBRARY_PATH}”

# if [ -n “$LL_TCMALLOC” ]; then
# tcmalloc_libs=’/usr/lib/libtcmalloc.so.0 /usr/lib/libstacktrace.so.0 /lib/libpthread.so.0′
# all=1
# for f in $tcmalloc_libs; do
# if [ ! -f $f ]; then
# all=0
# fi
# done
# if [ $all != 1 ]; then
# echo ‘Cannot use tcmalloc libraries: components missing’ 1>&2
# else
# export LD_PRELOAD=$(echo $tcmalloc_libs | tr ‘ ‘ : )
# if [ -z “$HEAPCHECK” -a -z “$HEAPPROFILE” ]; then
# export HEAPCHECK=${HEAPCHECK:-normal}
# fi
# fi
#fi

export SL_ENV=’LD_LIBRARY_PATH=”`pwd`”/lib:”${LD_LIBRARY_PATH}”‘
export SL_CMD=’$LL_WRAPPER bin/do-not-directly-run-secondlife-bin’
export SL_OPT=”`cat etc/gridargs.dat` $@”

# Run the program
eval ${SL_ENV} ${SL_CMD} ${SL_OPT} || LL_RUN_ERR=runerr

# Handle any resulting errors
if [ -n “$LL_RUN_ERR” ]; then
LL_RUN_ERR_MSG=””
if [ “$LL_RUN_ERR” = “runerr” ]; then
# generic error running the binary
echo ‘*** Bad shutdown. ***’
if [ “`uname -m`” = “x86_64” ]; then
echo
cat << EOFMARKER
You are running the Second Life Viewer on a x86_64 platform. The
most common problems when launching the Viewer (particularly
'bin/do-not-directly-run-secondlife-bin: not found' and 'error while
loading shared libraries') may be solved by installing your Linux
distribution's 32-bit compatibility packages.
For example, on Ubuntu and other Debian-based Linuxes you might run:
$ sudo apt-get install ia32-libs ia32-libs-gtk ia32-libs-kde ia32-libs-sdl
EOFMARKER
fi
fi
fi

echo
echo '*******************************************************'
echo 'This is a BETA release of the Second Life linux client.'
echo 'Thank you for testing!'
echo 'Please see README-linux.txt before reporting problems.'
echo

====

で、ログインすると音もきこえてログインできるはずっす。ただ、影が。。。なので。古いドライバですからね仕方ないす。で設定したのがこれ。

Snapshot_linux_browser_settings

で、これでもまだおわりません><Ctrl+ALT+矢印がワークスペースの移動用のショートカットになっててビューア内で使えないのでキーボードショートカットを調整します。Ubuntuの場合はここね。

Screenshot_setting_shortcut

で、編集したのがこれ。

Screenshot_keyboard_shortcut_setting2

最後にスナップとったですよ、影はないですがきちっと取れてます。

sample_shot_on_linux

なお、設定ファイル系ですが、$HOME(ホームディレクトリ)配下の.secondlifeにあります。ちなみにチャットログとかはここに残ってます。

Linux_home_settings

ではん、ご参考までですぅ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中